みんなの宇宙

宇宙飛行士の暮らしを地球で体験? 体験プログラムに挑戦。

 

構成・文:Hanako

憧ればかりが募る宇宙生活でも、いろいろな制限がつきもの。宇宙と地上の暮らしを考えるプラットフォーム「THINK SPACE LIFE」の地上実証の場体験プログラムに、ハナコラボディレクター土屋が参加してきた。

ミッションを遂行しながら閉鎖空間で暮らす、気づく。

「宇宙生活を体験してまいります!」

2020年、JAXAと民間事業者の共創プログラム「JAXA宇宙イノベーションパートナーシップ(JSPARC)」の中に、宇宙と地上双方の暮らしをより良くするプラットフォーム「THINK SPACE LIFE」(以下、TSL)が始動。この取り組みを起点に、宇宙で将来使用される生活用品を企業が開発し始めている。これまでもTSLを取材してきたハナコラボディレクター土屋志織。

今回、宇宙での活用を見据えた製品などを試し、宇宙・地上の生活課題に気づき、実感するための「地上実証の場」体験プログラムに参加した。会場は、ワーケーションやオフグリッドキャンプができる施設〈LivingAnywhere Commons八ヶ岳北杜〉。

プログラムの期間内は、広大な敷地にぽつんと建てられたインスタントハウスに滞在。宇宙ステーションでのリソースの制約を中心に、少しの雑音が流れ続けていたり、使える水が限られていたりと徹底されていた。滞在は約24時間。プログラムには、宇宙飛行士が行うような難解なミッションも組み込まれていた。「水をあまり使えないこと、人に会えないことがこんなにストレスになるとは。体験してみないとわからないことがたくさんありました」(土屋)

【土屋宇宙飛行士の一日】

インスタントハウスに入る前に、VR技術を使ってISSの中を体験。手すりを掴んで前に進んだり、地球を眺めたりした。
ミッション中、土屋は気づいたことをメモ。「水を使えない分、ゴミが増える!」などの気づきも。

支給品の一部。宇宙食と水3.5リットルが配られ、使い方や食べるタイミングは個人に委ねられた。このほか、開発中の靴下やボディシートなども。トイレは防災用の簡易トイレで。貴重な物資は工夫して使う必要あり。

【Mission 1】ロボットを遠隔で操作し部品を組み立てろ!

あるもの、できることで対処しなければ

唯一の連絡手段であるインターネットを使い、遠い場所に設置されたロボットを操作。説明書を手に入れ、手元にある複雑な形の部材を組み立てるというものだが、土屋は時間切れ。

【Mission 2】トレーニングをして体力を保持せよ!

汗をたっぷりかいてもお風呂に入れないなんて

微小重力になる宇宙空間では、筋力の低下が懸念される。宇宙飛行士は個別のメニューを作成し、毎日2時間の筋力トレーニングを行う。土屋も1時間の運動にヘトヘト。

【Mission 3】ハンモックに乗ったままアイテムを完成させろ!

どうやったら作業しやすいか試行錯誤

微小重力での不安定な作業に見立て、ハンモックに揺られながら組み立てたパズルに「JAXA」のロゴを書き入れた。ペンやのりはマジックテープで体に付け、"浮かないように"した。


Navigator...土屋志織(つちや・しおり)
ハナコラボ パートナーのコミュニケーションディレクターとして奔走。トライアスロンにチャレンジするなど体力には自信があるものの閉鎖空間は不安。

※「THINK SPACE LIFE」地上実証の場体験プログラム@八ヶ岳は、(株)LIFULL、(一社)ミラツク、JAXAが協働で製作。

(Hanako1204号掲載/illustration : Yuki Takahashi text : Momoka Oba)


・提供(外部サイト)
Hanako 

その他の記事

宇宙飛行士にチャレンジ

▲トップへ戻る