「効果はいつまで?」「なぜ高齢者から?」峰先生に聞くワクチンの疑問(前編)

構成・文:Yahoo! JAPAN 制作協力:病理専門医 峰宗太郎

―そもそもワクチンって何ですか? ワクチンとは、「病原体」と呼ばれる微生物やウイルスが引き起こす「感染症」を防ぐための医薬品です。話題の新型コロナワクチンは「新型コロナウイルスSARSコロナウイルス2」と呼ばれるウイルスが原因の「COVID-19(コビッド・ナインティーン)」という病気の発症や重症化、そしてウイルスの感染を予防するための医薬品です。
―ワクチンの仕組みはどのようになっていますか? ワクチンを投与すると、あなたの体は「病原体が侵入した」と誤認し、その成分に対して免疫が働きます。つまり、病気の予行演習のようなことをして病原体の攻撃に備えるということです。そうしておくことで、実際に病原体が体に入ってこようとした時に、免疫がすばやく反応し、感染や発症、重症化を防げるのです。
―新型コロナウイルスのワクチンはどんな種類があるのですか? 従来のワクチンは、病原体を弱めたり殺したもの、あるいは病原体の表面など一部の成分を投与するのが一般的でした。

しかし、今回の新型コロナワクチンは「メッセンジャーRNAワクチン(mRNAワクチン)」や「ベクターワクチン」といった新しいテクノロジーが用いられています。
これらは"病原体の成分の一部を再現する遺伝情報(設計図)"を体に投与する技術で、今までは製薬会社の工場でないと作れなかった病原体の成分を、私たちの体内で作れるようにする、という画期的なものです。
ワクチンを投与すると、体の中で設計図をもとに病原体の一部が再現されて作られます。そして、体がそれを異物と誤認し、免疫が働くという仕組みです。
―ファイザー社製とモデルナ社製ワクチンの違いは何ですか? ファイザー社・モデルナ社のワクチンは、ともにmRNAワクチンです。基本的なテクノロジーは同じですが、細かい違いはあります。
たとえば設計図が一部違っていたり、"修飾"といっていろいろな加工の仕方が違っていたり、mRNAワクチンは脂でできた膜に包んで投与するのですが、この成分が異なっていたりと、細かいところに違いがあるのです。
とはいえ、どちらも同じようなテクノロジーを使っているので、効果・安全性ともによく似たワクチンだと言えます。
―ワクチンによってなぜ投与回数が1回や2回など異なるのですか? ワクチンの種類によって投与回数が異なりますが、基本的に"ワクチンは複数回打つほうがより強く効果を得られる"ということが知られています。
mRNAワクチンの場合、1回接種してから3〜4週間空け、再度接種することで、確実に免疫をつけることができます。
一方、ベクターワクチンには1回の投与で済むものも出てきています。これらのワクチンは1回で十分な効果があると臨床試験で示されているので、1回で良いんですね。

大切なのは、臨床試験の結果に従って投与するということ。ワクチンごとにどのような打ち方をするのが効果的で安全なのか、臨床試験の結果をもとに判断すべきだと思います。

―ワクチンを接種するとどんな効果があるのですか? ファイザー社のワクチンにおいては、臨床試験で「有効性が95%である」と述べられました。非接種者と比較して、何らかの症状が出てしまうことを95%防げるワクチンということです。
出典:NEJM 2020; 383:2603-2615 DOI:10.1056/NEJMoa2034577 など

実際にこのワクチンが、イスラエルやイギリスなどで投与されて分かってきたことは、感染予防効果・発症予防効果・重症化予防効果を持ち合わせているということ。しかもこれらの効果全てが高い数値を示しているのです。きわめて優れたワクチンだと言えます。
「感染予防効果」とは、新型コロナウイルスへの感染を防止する効果のこと。イスラエルでの接種結果によって、90%以上感染予防できることが明らかになっています。

「発症予防効果」というのは、病気になることを予防する効果です。感染しなかった場合と、感染しても病気にならなかった場合を含めた値となりますが、95%発症を防げるとされています。

「重症化予防効果」は、発症してしまったあとに重症化をどのぐらい防げるかという効果。これについても90%以上が重症化しないという結果が出ています。
―ワクチンを接種すると、いつまで効果があるのですか? 効果の持続性については、現状でははっきりとはわかっていません。ただ、臨床試験を開始してから半年以上経過して、体の免疫(抗体価というものを測定します)が下がっていない、あるいは下がっていても極端には下がっていないという結果が出ており、少なくとも半年から8カ月間は効果が継続しています。この下がり具合であれば、1年程度以上は効果が続くのではないかと考えられます。
今後しっかり研究することにより、1年に1回打たなければいけないのか、2年に1回で良いのか、などが分かってくるはずです。

―ワクチンを打つ順序はなぜ高齢者が優先で若年層が最後なのですか? 今回のワクチン接種は、医療従事者を最優先としながら、重症化リスクのある高齢者や基礎疾患をお持ちの方を優先し、その後、徐々に重症化リスクの低い若者へ進めていくという方針が取られています。

ハイリスクの方からワクチンの接種を進めていけば、早いうちから「重篤な病気になる人数」が減っていく可能性が高いです。つまり、総合的な死亡者数を減らせるということですね。

ただし、この方針に関していろいろな考え方があるのは事実です。
特に多いのは、若者は活動が活発なので、ウイルスの感染を広げやすい若者から接種すべきだ、という意見。

「若者から打ち始めると早く流行が収まるのではないか」というシミュレーション結果もありますが、流行は早く収まったとしても病気の広がり具合によっては、結果的に重症化したり亡くなったりしてしまう人が多くなり、むしろ総死亡者数が多くなるということも示唆されています。

シミュレーションの結果には多くの議論がありますが、ハイリスクな方から接種することによって、社会全体の重症化数や死亡者数を減らすことが大事だと考えられています。

世界を見渡してみても、基本的に同じような方針をとっている国がほとんどですね。
―各世代がワクチンを打つメリットは何ですか? 各世代でワクチンを接種するメリット、接種しないメリット、そしてデメリットを比較して考えたいと思います。
高齢者や基礎疾患をお持ちのハイリスクな方は、感染すると重症化したり亡くなったりしてしまう可能性が高いため、これを防ぐということに対して、ワクチン接種のメリットが高いと言えるでしょう。

一方、若者は感染しても重症化しにくいとされますが、現状は変異ウイルスの拡大もあり、重症化するケースも出てきています。また、重症化しなかったとしても後遺症で長い間症状が残ってしまうこともあります。
感染症は"自分だけではなく人にうつしてしまう"ことが十分にある病気です。本人の感染リスクが低かったとしても、それを周囲に広げてしまう可能性を考えると、若者がワクチンを接種することは社会に大きな価値をもたらします。
もちろんのことながら自分自身の病気も防げるため、メリットは非常に大きいものであると考えています。

社会全体として、このパンデミックを抑えるという観点で考えれば、全ての世代でワクチン接種をすることが、とても有効な方法だと言えるでしょう。

※ファイザー社製ワクチンの接種対象は、当初16歳以上が対象とされていましたが、安全性や効果が確認されたことから、対象が12歳以上に引き下げられました。

―妊娠中の方はワクチン接種できますか? 出典:NEJM April 21, 2021 DOI: 10.1056/NEJMoa2104983

ファイザー社のワクチンでは、ワクチン接種によって妊娠に伴うさまざまな合併症が起こる割合は変わらず、現時点で妊婦や胎児に悪影響を及ぼすといった報告はありません。 そして、ワクチンの働くメカニズムから見ても、妊婦や胎児に与える影響がほとんどないと言えます。

その一方で、妊婦が新型コロナウイルス感染症を発症してしまった場合、妊娠していない方と比べてさまざまなリスクが高くなることも分かっており、ワクチン接種のメリットは大きいです。現在妊娠中の方だけでなく、妊娠を計画されている方や授乳中の方も接種することができます。
―子どももワクチン接種できますか? 出典:モデルナのプレスリリース(外部サイト)など

子どもや若者への投与については、いずれも臨床試験が進められている段階です。
若者に接種した場合も、効果と安全性が示され、アメリカではFDA(アメリカ食品医薬品局)がファイザーワクチンの12〜15歳への若年者への使用を新たに緊急許可しました。
さらに若い子どもへの投与については、ファイザー社・モデルナ社いずれも臨床試験の最中なので、追って有効なデータが出てくるのではないかと期待されます。現状はまだ情報が不足しておりますので、データが出てくるのをお待ちください。

―変異ウイルスにもワクチンは効くのでしょうか? 出典:NEJM May 5, 2021 DOI: 10.1056/NEJMc2104974

さまざまな種類の変異ウイルスが見つかっていますが、特にイギリスを中心として広まった変異ウイルス(アルファ、B.1.1.7)に関しては、新型コロナワクチンの効果は十分に発揮されています。そのため、現在日本での流行に対してワクチンは十分有効であると言えるでしょう。

一方、南アフリカ中心のもの(ベータ、B.1.351)やインドを中心に広まった変異ウイルス(カッパ、B.1.617.1)が日本で大きな流行を起こした場合、現時点でのワクチンの有効性は定かではなく、明確なことを申し上げられない段階です(中和抗体はできることが判明しています)。
しかしながら、ワクチンが全く効かないわけではないこともわかっています。よって、今接種が進んでいるコロナワクチンをしっかり打つことが第一です。その後、必要に応じて改良型のワクチンを追加接種する可能性はあるかと思います。

後編は5月24日(月)公開予定です。

制作協力
峰 宗太郎(病理専門医)
医師(病理専門医)、薬剤師、博士(医学)。京都大学薬学部、名古屋大学医学部、東京大学大学院医学系研究科卒。国立国際医療研究センター病院、国立感染症研究所等を経て、米国国立研究機関博士研究員。専門は病理学・ウイルス学・免疫学。ワクチンの情報、医療リテラシー、トンデモ医学等の問題をまとめている。
峰 宗太郎の記事一覧 - 個人 - Yahoo!ニュース


関連リンク
新型コロナウイルス感染症まとめ -Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュース オリジナル Voice

この記事は参考になりましたか?

ご協力ありがとうございました。
今後の記事の参考にいたします。ご協力をよろしくお願いいたします。
その他の記事
新型コロナウイルス ワクチン情報まとめ

▲トップへ戻る