【まとめ】ワクチンの「予約」「接種当日」「接種後」のステップ別にやること&知りたいことを解説

 

取材・文:末吉陽子(やじろべえ) 制作協力:佐久総合病院佐久医療センター 小児科医長兼国際保健医療科医員 坂本昌彦医師

全国でスタートした新型コロナウイルスワクチンの接種。これから接種を受ける人に向け「予約」「接種当日」「接種後」の三段階に分けてやるべきことや注意したいことを解説します。解説いただくのは長野県新型コロナウイルスワクチン接種アドバイザーチームの一員で日本小児科学会指導医の坂本昌彦さんです。
※2021年6月1日段階の情報をもとに作成しています。掲載している情報は市町村によって異なる場合があります。

【予約】接種券が届いてから接種までにやるべきこと

やるべきこと[1] 予約の方法を知る
―ワクチンは予約しないと打てないの? はい、予約が必要です。

―どうやって予約するの? 住民票のある自治体(市区町村)から自宅に「新型コロナワクチン接種のお知らせ」と「接種券(クーポン券)」が届きます。そこに記載されている情報をもとに予約を取ります。予約方法はウェブサイトもしくは電話から選択可能です。LINEで予約を受け付けている自治体もあります。

―電話やウェブサイトがつながらないときにはどうしたらいい? 焦らず、時間をおいて、あらためてお電話またはウェブサイトの窓口に問い合わせましょう。ワクチンが足りなくなって受けられなくなることはありません。


【接種券とは】
予約時と接種時に必要な情報を記載した紙の印刷物です。自治体ごとに様式は若干異なりますが、印字されている主な内容は「接種者氏名」「予約や接種のスケジュール」「予約番号」「接種情報登録用バーコード」など。個人の接種情報を管理するために必要なものなので、接種会場にも持参します。
紛失した場合や転居などで住民票を移した方は、住民票所在地の市町村に対して接種券の発行を申請すれば再発行してもらえます。また一部自治体を除き、厚生労働省が設けるウェブサイト「コロナワクチンナビ」にて接種券の再発行申請を受け付けています。
現在、接種期間は令和3(2021)年2月17日から令和4(2022)年2月28日までを予定しています。このスケジュール内であれば、接種券に有効期限はありません。



やるべきこと[2] 「個別接種」「集団接種」の違いを知る
―「個別接種」と「集団接種」って何が違うの? 「個別接種」は、かかりつけ医などの病院や診療所で住民が個別に予約して接種する方法。「集団接種」は保健センターなどの専用会場に住民を集めて接種する方法です。そのほかにも医師が自宅を訪問して接種したり、医師が高齢者施設を訪問して入所者や従事者に接種したりする方法をとっている自治体もあります。

―「個別接種」と「集団接種」に分かれるのはなぜ? ワクチン接種の方法は自治体の判断に委ねられており、自治体ごとの事情によって「個別接種」と「集団接種」に分かれます。通常の予防接種は「個別接種」が原則です。今回のワクチン接種は「個別接種」を前提としながらも、多くの人が迅速に接種できるよう「集団接種」の設定が行われていると考えられます。

―1回目は「個別接種」、2回目は「集団接種」などは可能? 制度上は可能ですが市区町村により対応が異なりますので、2回目接種の予約の際に確認しましょう。

―「個別接種」と「集団接種」では、接種するまでの流れに違いはある? 基本的には同じです。受付(接種券確認、本人確認、予診票提出)→体温測定→体温測定後、誘導されて医師のブースへ→予診票による診断→肩を出し、ワクチン接種→接種済証貼付→15分もしくは30分待機→帰宅

やるべきこと[3] ワクチンの正確な情報を知る
―ワクチンを打つべきか悩んでいます。どうすればいい? いろいろな情報があると悩むのはごもっともです。ワクチンの接種を検討するときは、「デメリットとデメリット」を比較すると良いと考えています。

一般的には「接種のメリットとデメリットを天秤に考えて」といわれることが多いかもしれませんが、人は得られる利益よりも損失を大きく評価する傾向があるとされています。そこで冷静に客観的な判断をするためには、メリットとデメリットを比べるのではなく、デメリット同士で比べるというわけです。

ではワクチンを「接種するデメリット」と「接種しないデメリット」で比べてみるとどうでしょうか。「接種するデメリット」は副反応になりますので、どのような副反応があるのか正確な情報を知ってください。一方「接種しないデメリット」は「ワクチンを接種しないことで自らの感染リスクが上がり重症化する可能性があること」「自分だけでなく周りの人にうつすリスクを背負うこと」です。

ワクチン接種は義務ではないので、正しい情報をふまえて選択することが重要です。厚生労働省のサイト「コロナワクチンナビ」では、ワクチンの仕組みや効果、安全性などが記載されています。より詳しいことを知りたい場合は、専門家の意見も参考にしてみてください。
※厚生労働省:コロナワクチンナビ(外部サイト)
※Yahoo!ニュース 個人:GW明けから接種が本格化!新型コロナワクチンを正しく知ろう

▲長野県新型コロナウイルスワクチン接種アドバイザーチームでは、県民向けに新型コロナウイルスワクチンにまつわる正しい知識を紹介するため、フライヤーなどで啓発を行っている。(イラスト:江村康子 ※参考サイト(外部サイト)

―ワクチンは選べるの? 現在接種可能なのはファイザー社製とモデルナ社製のワクチンです。これまでモデルナ社製のワクチンは、自衛隊の大規模接種センターと都道府県、政令指定都市が行う接種に限られていましたが、2021年5月28日に新たな方針が発表されています。希望する市区町村がファイザー社製ワクチンの接種会場と別の会場を用意すれば、国からモデルナ社製ワクチンの提供を受け、接種を行えるようになりました。

―国産ワクチンが接種できるまで待ちたいけれど、現時点での開発状況はどうなっている? 現時点では国産ワクチンの具体的な見通しはまだ立っていないといえます。現在国内の企業では、アンジェス、塩野義製薬、第一三共製薬、KMバイオロジクスで開発が進められており臨床試験の段階です。

―いま接種が進むワクチンは、早く開発されたものだから危ないのでは? 今回承認されたワクチンが「早く開発できた=危ない」とは考えていません。早く開発できたのは、臨床試験をおろそかにしたからではなく研究や承認に至る過程の効率化を徹底したからです。また基礎研究と臨床研究を並行して行ったり研究開発と並行して生産体制の整備をはじめたりと、通常では難しい大がかりな準備をしたことでスピードアップを図りました[※1]
安全の確認など省いてはいけないステップはしっかり時間をかけていますので、その点はご安心ください。

―新型コロナウイルスに感染したことがある人もワクチンは打った方がいいの? 打ったほうがよいと考えます。過去に感染していても免疫がどれくらいできるのかについて、現時点ではまだ十分なことは分かっていません。一方ワクチン接種で、過去の感染で得られた免疫をさらに高められるという報告があります[※2]。そのため米国CDC(感染症対策の総合研究所)は感染した人に対してもワクチン接種を推奨しています[※3]。感染した人がワクチンを接種した場合、未感染の方と比べると発熱やだるさなどの副反応が出やすいとの報告はありますので[※4]、その点は留意しておくとよいでしょう。

―基礎疾患があると受けられないの? 心臓や腎臓、血液疾患など基礎疾患のある方も接種は可能です。むしろこうした方は新型コロナに感染すると重症化するリスクがありますので接種をおすすめします。気になる点があれば主治医と相談してください。

―妊娠中でも接種できる? 接種は可能です。米国では5月末の時点で10万人以上もの妊婦さんに接種されていますが[※5]、新型コロナウイルスワクチンによって流産や早産が増えたなどの報告はありません[※6]。これまでの研究からは、接種の結果として妊娠に悪影響が出たりお腹のお子さんに悪い影響が出たり、将来妊娠しにくくなったりすることなどは考えられていませんのでご安心ください。
むしろ妊婦さんは感染により重症化のリスクがあることから、米国CDCは接種を推奨しています[※6]。日本産婦人科学会も妊娠12週を超えてからの接種をおすすめしています[※7]。ちなみに接種しても不妊治療や妊活を延期する必要はありません。不安な点等があれば主治医の先生とご相談ください。
▲「長野県新型コロナウイルスワクチン接種アドバイザーチーム」フライヤーより イラスト:江村康子

―自分がアレルギーかどうか分からないのだけど大丈夫? 基本的にワクチンの成分そのものへのアレルギーがなければ、花粉症、喘息、アトピー性皮膚炎などのアレルギーをお持ちの方でも接種は可能です。まれにワクチンの成分そのものへのアレルギーがあり、強いアレルギー反応であるアナフィラキシーを起こす可能性がありますが、その場合にはすぐに現場の医師の判断で適切な治療が施されます。具体的にはアドレナリンの注射や酸素投与などです。アナフィラキシーは治療によって速やかに回復し後遺症も残りませんのでご安心ください。

やるべきこと[4] 副反応に備え、スケジュールを調整する
―副反応が心配です。ワクチン接種前後には予定を入れないほうがいい? ワクチン接種当日と翌日は副反応に備えて予定を空けておくといいでしょう。特に20代から40代といった若い世代ほど、副反応が出やすいと考えられています。例えば2回目接種後の発熱は20代では男性45%、女性51%との報告があります[※8]
働いている方は仕事を休むことも念頭に置いて、有給休暇も選択肢に入れておくとよいと思います。ただ、同じ部署のメンバー全員が同じ日に接種してみんなが副反応の発熱などでダウンした場合、翌日仕事が回らなくなる可能性があるため、接種の日程はバラバラになるように工夫するのも一案です。

やるべきこと[5] 接種当日に向け、体調を整える
―当日接種を断られることはある? 明らかに発熱している方と重い急性疾患にかかっている方は接種を受けられません。発熱の目安は37.5℃以上。重い急性疾患は、ひどいかぜ症状、胃腸炎による嘔吐や下痢などの症状などです。
また次の場合もアナフィラキシーが起こるリスクがあり、接種できません。
・新型コロナワクチンの1回目の接種でアナフィラキシーを起こした人の2回目の接種
・化粧品や軟膏、染料などに含まれる成分「ポリエチレングリコール」や、食品添加物に使われる乳化剤「ポリソルベート」でアナフィラキシーを起こしたことがある方の接種
もし会場に行く前に気になる症状があれば、都道府県が設置するワクチン接種に関するコールセンターや医療機関にお問い合わせください。

【接種】接種当日の準備と接種までの流れ

やるべきこと[6] 持ち物や服装をチェックする
―接種会場に持っていくものは? 接種券、本人確認書類(健康保険証、運転免許証など本人確認ができるもの)、予診票(事前に記入が望ましい)、お薬手帳(持っている場合)などです。ただし必要なものは自治体により異なる場合がありますので、接種券に記載されている内容をしっかりチェックしてください。

―当日の服装は? 肩に接種するため、接種しやすいように半袖やノースリーブの服が望ましいです。肌寒い日はその上から脱ぎやすいカーディガンなどを羽織っておきましょう。現時点では接種会場では長袖ワイシャツなどで来場される方も少なからずいらっしゃいます。肩を出すのに時間がかかっていますので、スムーズな受診のためにもご協力をお願いできればと思います。

やるべきこと[7] 会場のオペレーションに従い、接種を受ける
―待ち時間の目安は? 受付から接種までの待ち時間は、当日の接種予定人数や会場のキャパシティなどによってさまざまです。最低かかる時間は、受付、予診票の記載と内容の確認、体温測定、接種、接種後の待機時間です。接種そのものは早ければ1~2分もあれば終わりますが、接種後に15分~30分程度の待機が必要です。
なお少しでも短時間で接種を済ませたいと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、予診票内容などの確認はミスを減らすために大切なステップですので、ご理解いただければと思います。

―集団接種の会場はスムーズに接種できる? 今のところ各自治体や現場の皆さんの努力で大きなトラブルもなく円滑に進められているようです。接種がはじまって間もないですが、案内がスムーズな接種会場の特徴としては例えば十分な人員、案内の掲示を大きくしている、分かりやすいルートを作っていることなどがあげられます。
現状であげられている課題としては先ほど書いたように服装の課題のほか、接種する段階になって接種医にいろいろと質問される方がいらっしゃって接種が進まないケースなどです。そのため接種前に疑問点を解消できる場があるといいかもしれません。また余ったワクチンの活用方法も今後の課題です。うまく運営されている会場の事例が共有されていくことで、今後よりよくなるだろうと期待しています。

―接種ミスのニュースを知って不安なのですが......自分で気をつけられることはある? 接種ミスのニュースを聞くと不安ですよね。一般的にワクチン接種で起きやすいミスとしてよくあるのが、有効期限が過ぎたワクチンの接種、接種間隔(3週間あけるところを2週間で接種するなど)や接種回数(2回のところを3回接種してしまうなど)の間違い、接種量(0.3ml接種すべきところを0.5ml接種してしまうなど)の間違いなどです。
これらの多くは接種する側の注意義務になりますが、ご自身で気をつけられることもあります。
例えば接種間隔や接種回数については、接種会場で次回の接種日を確認し、しっかりとメモなどに記録しておくことです。また問診票と氏名のずれを防ぐことで防げるミスもあります。「見える化」はミスを防ぐ有効な手段とされますが、声に出すことも同様です。接種医が接種前に名前を確認するかと思いますが、もし接種医から聞かれなければ自分から名前を名乗ることも有効と考えます。


【予診票とは】
予診票は、医師が接種を受けに来た人の状態と、本人が接種を希望し同意したことを確認するための書類です。接種を実施する医療機関や集団接種会場に置いてあります。その場で書くことが困難な方やスムーズに接種を受けたい方は以下の厚生労働省のサイトからダウンロードして印刷し持参するといいでしょう。
※厚生労働省:新型コロナワクチンの予診票・説明書・情報提供資材(外部サイト)

予診票には大きな目的が2つあります。ひとつは予防接種を受ける人がその必要性を理解しているか判断すること、もうひとつは接種できない人に間違って接種することを防いだり接種に際して注意が必要な人を拾い上げたりするためです。例えば当日発熱や体調不良があると接種ができません。また重いアレルギーの既往がある場合には接種後に30分間の経過観察が必要です。これらの情報は非常に大切で、あらかじめ記入いただくことで見落としを防ぎ、より安全に接種を進められます。


※接種から副反応の様子を記した坂本医師のブログ:教えて!ドクター こどもの病気とおうちケア(外部サイト:Amebaブログ)

【接種後】副反応や接種後の生活など、気をつけるべきこと

やるべきこと[8] 副反応に備え、安静にする
―接種後は会場で15分以上の経過観察が必要なのはなぜ? このワクチンで重いアレルギー反応「アナフィラキシー」を起こした海外の人のうち75%が15分以内に、90%が30分以内に起きたと報告されているためです[※9]。ちなみにアナフィラキシーが起きる可能性は20万接種に1回程度です。

―どんな副反応が考えられる? 一番多いのは接種部位の痛みです。そのほか頭痛、発熱、だるさ、筋肉痛などが報告されています。特にだるさや熱は夕方から夜にかけて多くなるので、接種した日と翌日はゆっくり休めるように予定を組んでおきましょう。

―帰宅後の入浴は可能? アルコール摂取や激しい運動は控えるべき? 入浴は可能です。ただし予防接種をした日は、倦怠感や接種部位の痛みなど副反応が出やすくなる等の理由で飲酒や激しい運動は避けた方がよいと考えられています。
▲「長野県新型コロナウイルスワクチン接種アドバイザーチーム」フライヤーより イラスト:江村康子

やるべきこと[9] 副反応が出て不安な時は、自治体のコールセンターなどに相談する
―帰宅後に副反応が出たら、どうする? もし発熱した場合は、解熱剤を使っても構いません。解熱剤は「アセトアミノフェンを含むもの」がおすすめです。帰宅後に副反応の症状が出て不安な場合は、自治体のコールセンターやかかりつけ医などに相談してください。

―副反応の熱とコロナによる熱の区別はつく? 新型コロナウイルスによる発熱が1日~2日ですぐに下がることは通常考えにくいです。またワクチンを打つ前になかったのに、ワクチンを打った後から急にそういった症状が出てきたのであれば、まずはワクチン接種に伴う副反応と考えるのがいいと思います。ただし判断が難しい場合もありますので、熱が続くときは発熱外来や自治体のコロナ相談窓口に相談しましょう。

やるべきこと[10] ワクチン接種後も、しばらくは感染対策を続ける
―ワクチン接種後も感染対策は必要? 必要です。まずこのワクチンは接種後免疫が立ち上がりはじめるまで12-14日ほどかかります[※10]。つまり2週間はワクチンを接種していない人と同じ状態といえます。十分な効果を得られるのは2回目の接種後7日以上経過してからとされています[※11]。
では2回接種後7日以上経過したら一安心ではあるものの、もう感染対策はしなくてもよいのかというと、流行が収まっていない現時点では引き続き必要です。
理由は2つあります。ひとつはワクチンの効果がいつまで続くのか現時点でまだはっきりわかっていないこと。もうひとつはワクチンにより得られる免疫が100%ではないためです。ワクチンを接種しても感染リスクはゼロではありません。蔓延している状況ではワクチンを接種しても感染・発症するリスクはあります。実際に国内でもワクチン接種を2回完了後に新型コロナウイルスに感染した医療者のケースも報道されています。
感染しないためには流行が落ち着いた状況を待つ必要があります。そのためには多くの人がワクチン接種を完了し、免疫を得る必要があります。多くの人が免疫を得ることで集団免疫効果が得られ、その集団では流行しなくなります。集団免疫効果を得られるまではしっかりとした感染対策が必要です。
▲「長野県新型コロナウイルスワクチン接種アドバイザーチーム」フライヤーより イラスト:江村康子

<参考文献>(外部サイト)
1.厚生労働省:新型コロナウイルスワクチンの早期実用化に向けた厚生労働省の取組み. 2021
2.Krammer, F., et al., Antibody Responses in Seropositive Persons after a Single Dose of SARS-CoV-2 mRNA Vaccine. N Engl J Med, 2021. 384(14): p. 1372-1374.
3.CDC:Frequently Asked Questions about COVID-19 Vaccination. 2021
4.Menni, C., et al., Vaccine side-effects and SARS-CoV-2 infection after vaccination in users of the COVID Symptom Study app in the UK: a prospective observational study. Lancet Infect Dis, 2021
5.CDC:V-safe COVID-19 Vaccine Pregnancy Registry. 2021
6.CDC:Information about COVID-19 Vaccines for People who Are Pregnant or Breastfeeding. 2021
7.日本産婦人科学会:COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 2021
8.厚生労働省:新型コロナワクチンの投与開始初期の重点的調査(コホート調査). 2021
9.厚生労働省:新型コロナワクチンQ&A「海外では、アレルギーのある人は接種を受けていますか。アレルギーのある人は副反応が起きやすいのですか。」
10.Connors, M., et al., SARS-CoV-2 Vaccines: Much Accomplished, Much to Learn. Ann Intern Med, 2021. 174(5): p. 687-690.
11.厚生労働省:ファイザー社の新型コロナワクチンについて


関連リンク
新型コロナウイルス感染症まとめ -Yahoo!ニュース

この記事は参考になりましたか?

ご協力ありがとうございました。
今後の記事の参考にいたします。ご協力をよろしくお願いいたします。
その他の記事
新型コロナウイルス ワクチン情報まとめ

▲トップへ戻る